OKストアー OKストアの情報

OKストア
オーケーストア
に関する情報サイト


オーケーストア(OKストア)に関する情報

オーケー株式会社は、東京や神奈川、千葉、埼玉の首都圏を中心としたスーパーマーケット「オーケーストア」を展開している企業であるが、東京や神奈川、千葉、埼玉でもお近くに店舗がない方は馴染みが薄いかもしれませんが、オーケーストアは高品質・Everyday Low Priceを方針に地域の方に喜ばれていることが多いと思います。少し離れたところでは、宮城県に店舗があります。


高品質・Everyday Low Priceをスローガンに展開しているので、よくスーパーに見られる特売日というのは特に存在せず何時いってもオーケーの通常の価格で売られているが、ほとんどの商品において、他の大手スーパーの特売よりも安いことが多い。
だから、OKストアのファン(お客さん)は、他のお店の価格を気にせずにオーケーストアに行けば問題ないという状況になります。
また、高品質・Everyday Low Priceということで、品質の良いもの(安心してお客さんが買える商品)がロープライスで販売されています。

ナショナルブランド商品は地域一番の安値を保証しております。もし他店よりも高い商品がございましたらお知らせ下さい!値下げしますというアナウンスが店内に流れていますが、他にも近隣の競合店がオーケーの価格よりも安くした場合は、競合店に対抗して値下げしましたというポップ表示されています。
やはり、他のスーパーに行かなくてもOKストアに行けば良いとういう状況ができている。

以前は食料品3%の消費税はOKが負担していてくれたが、2006年11月よりオーケークラブ制度がスタート。
サービスカウンターで100円払い手続きをすれば即行で会員証を発行してくれます。私の場合はこの制度を2007年3月まで知らずに、いつもレジでオーケーカードお持ちですか?と聞かれても、「持っていません」と答えていましたが。こういう制度でこんな簡単にカードが作れ、3%の還元を受けれるのなら早く作っとけば良かったと思っています。カードといえばクレジットカードをイメージしていたので、作らなかったのが原因ですが。ちなみにどこのお店で作っても全店でオーケーカードは使用できます、年会費・入会金無料です。100円はカード発行費用みたいです。
2013年3月にオーケークラブの会員数が約291万人となっていて、OKストアの人気ぶりがうかがえる。

レジ袋は有料6円(税抜き)となり、買い物袋を忘れたらレジ袋を買う必要があるが、車で来店の方などはダンボール箱が無料でもらえるので、車での来店時はダンボールを利用できる。
お店が混雑してお客さんが多いときなどはダンボールも数が当然少なく競走?みたいな奪い合いになることもある。

同じ商品において賞味期限が新しいものと古いものが存在する場合は、賞味期限が早く来るほうに3%の割引シールが貼ってあることがあるので、その日に食べるなら3%を貼ってあるほうがお得なケースもある。 また賞味期限が当日などの場合はもっと割引されるケースもある
店舗の駐車場は基本的に混雑したりするのですが、やはり大量に買うなら車で行ったほうが現実的といえます。
2000円以上買うと2時間無料など、ある一定額の買い物をすれば駐車場も無料になるみたいです、ただ、弁当だけを買いにOKに車に来られる方もいるらしく、そんな方に駐車料金を請求するのも悪いということで、500円などでも店舗?スタッフ?によっては駐車料金が無料になるケースもあるみたいですが(2007年に店員さん談)、基本的には店舗などによって駐車料金は2000円以上の買い物で1時間や2時間無料になるみたいです。


冷凍食品5割引き 弁当199円 おにぎり50円など激安価格のOKストア
何時行っても冷凍食品などが4割引以上などで、保存の利く冷凍食品が安いのが嬉しい。他にも最近は使わなくなったビデオテープなどの家電製品やアイスクリームなども安いです。また、扱っていない店舗もあるみたいですが、お弁当やパンなども安く。特にお弁当は299円の商品が多く、リーズナブルな上にそこそこ量もあります。また、お弁当など惣菜は遅い時間に行くと以前は半額などになっていたので、約150円(半額割引後)でお弁当があったりしたので、活用していました。現在はその時間に行くのでわかりませんが、しかし、299円でも十分コンビニなどと比較したら安いといえます。(2007年当時)
2014年では、のっけ鮭弁当や季節野菜の天重などは、税抜きで199円で販売されていて、半額でなくても、十分安すぎる価格でお弁当が販売されています。また、おにぎりもツナマヨや紅鮭が税抜き50円という破格値で販売されている。
お弁当の画像などは、オーケーストア(OKストア)の弁当やお惣菜の紹介のページを参考にしてください。
また、冷凍食品は、店舗によっては(2014年2月時)、
5割引きが通常価格で、商品によっては5割り引き以上でも売っていることもあり、冷凍食品を購入する際は、OKストアに行けば間違いないという状況にあると言えます。
他にも、ペットボトル飲料もすごく安い価格で売っており、大量に飲料水(ジュースやお茶も含む)を買うなら、やはりOKストアにいけば問題ないという状況になっているといえます。

ベーカリーコーナーでピザを販売している店舗もあり。希望のピザの番号などを伝えると、希望した受け渡し時間までに作ってくれる。ピザのメニューはお店によっても違うみたいですが、価格は469円(税抜き・平成24年2月時)(港北店)とリーズナブルでピザ(約30センチ)が食べられます。ちなみに店舗にもカッティングされた作り置きなどがありますが、やはり注文して温かいほうが美味しいです。ただ、店舗により最終の焼き上がりがまちまちなどでピザをオーケーストアでピザ注文されるなら、事前に店舗に確認されたほうが良いと思います。
ピザの画像などは、港北店ピザメニューのページをご覧下さい。
また、OKストアのパンは非常においしく、スーパーのパンと侮ってはいけません。私は、もっちり食パンが好きですが、出来立てのタイミングだったら、非常に柔らかく美味しいパンが食べることが出来ます。

オネストカード(正直)カード
『本日販売しております○○は、日照不足のため糖度が不足しています。
お差し支え無ければ、他の商品のご利用をお薦めします。』など、
オーケーでは、このようなお知らせ(オネスト(正直)カード)が商品の値札のところに表示されていることがあり、出来るだけ正確で、正直な商品情報を知らせようと努力していて非常に好感ももてる企業だと言えます。

OKストアの食品の安全性
オーケーでは、安全な食品としては問題があるとされる食品添加物(ソルビン酸カリウム・ソルビン酸(保存料)・過酸化水素・亜塩素酸ナトリウム(漂白剤)・EDTAナトリウム・BHA(酸化防止剤)・サッカリン(合成甘味料)・亜硝酸ナトリウム(発色剤)・コチニール色素(着色料)等)を使用した商品を取り扱わないようにされています。その点では、非常に食品の安全性を考えている企業といえます。
また、東日本震災後、食品中の放射線物質の心配する方が多いのもあり、震災後から「西の野菜を買いたいという要望」に答える感じで、西の野菜が震災以前よりも置かれている感じがします。また、同様に阿蘇の牛乳や淡路島の牛乳、また、西日本のたまごなど、お客のニーズや要望を答える感じで商品が揃えられている感じがします。(最終確認2014年2月)

OKストアの支払い方法
オーケーストアでは、以前は現金での支払のみでしたが、その後はVISAカードが使用できるようになりました。ただ、カード使用時は、食品の3%割引(3/103割引)は適用されません。また、2014年4月以降から使用できるカードが、VISAに加え、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナース・クラブが使えるようになります。また、SuicaやPASMOなどの交通ICカードや、iD、QUICPayも随時、使用できるようになります。ただ、やはりカード支払い同様、食品の3%割引は受けることが出来ないので、食品のみを買う場合は、現金とオーケークラブカードで購入したほうが良いようなきがします。




OKストア オーケーストアに関する情報サイト トップページ⇒

お住まいの近くでオーケーストアを探す⇒

オーケーストアに関する情報⇒

知っていれば得するオーケーストア情報⇒

オーケーストア(OKストア)の弁当やお惣菜の紹介⇒

Copyright c  2007 OKストア オーケーストアに関する情報サイト All Rights Reserved